金曜日, 8月 7
Shadow

工夫が必要な仕事の探し方

エンジニアがフリーランスになった際に問題になりやすいのが、仕事を1つ獲得できても、次の仕事に従事できるようになるために時間がかかってしまうということです。委託契約をして数ヶ月間働いた後、また数週間程度は次の仕事を探すのに時間をかけてしまい、トータルで見るとあまり時間単価が高くないという状況に陥るのは珍しいことではありません。そのため、次の仕事を獲得しやすいよう工夫し、計画的に働くことが大事です。

契約期間が切れるタイミングは予測できるので、そのタイミングで次の仕事が入るよう、早めに交渉を進めておくのが基本です。腕の良いエンジニアなら1ヶ月程度前から仕事を探し始めれば、円滑に次の仕事を始めることができます。仕事を見つけるのに苦労しやすい人はもう少し早めに始めておき、契約の開始時期をうまく交渉すれば良いでしょう。

もう1つの仕事の探し方として考慮しておくと良いのが、契約の継続です。請負案件の場合には継続は難しいかもしれませんが、委託案件の場合企業側に必要があれば継続してもらえることは多いです。自分から申し出なければ他の人材を探そうと考えてしまうこともあるため、あらかじめ任期が切れても継続したいという気持ちを上司に伝えておくと良いでしょう。この場合にも、計画的に話を進めることが重要です。自分の実力を認めてもらってから切り出さなければ、断られてしまう可能性があります。契約継続を試みる際は、現場で自分がどんな貢献ができているかを考えてから話を切り出した方が良いでしょう。